最新のランキングシステムでジャンルごとに人気のある出会い系サイトを紹介!攻略法や裏話も盛りだくさん!一度で二度おいしい!

出会い系サイトの元社員、業界の裏を知り尽くした男が、雑誌には書けないことをココだけで語ります。あなたはまだ騙されますか?
出会い放送局 ウソは一切書いてません。男性ばかりではなく、女性もどうぞ。
恋愛系を検索 直アド系を検索 セフレ系を検索 人妻系を検索 アダルト系を検索

利用目的と年齢別統計

出会い系サイトを利用している利用者層やその目的を把握していくと、会うための方法が透けて見えてきます。まずは利用者ですが、私が働いていた当時では、最も多かった利用年齢層は男女共に26〜35歳でした。

そして若い世代では男性の方が多く、年齢を重ねていくごとに女性の割合が多くなっていくという特徴があります。そしてこれはおそらく、現在でも変わらないと思います。やはり、男性は年齢を重ねるごとに性欲が衰えていき、女性は逆に増していくということなのでしょうか。(下図参照)

出会い系サイト年齢別統計

特筆すべきは、46〜55歳の年代では、女性の利用者数が男性の倍以上になっているという点です。おそらくこの年齢帯の女性というのは殆どが主婦です。街でナンパされることもなく、旦那から求められるということもないので、欲求がたまっているのでしょう。

しかも、家庭を持っているので秘密をきちんと守ってくれるという特徴があります。競争率も低く、男性からみれば都合のいいことだらけなワケです。


逆に若い女性の倍率は高いです。円グラフで見る限りでは分かりませんが、実際には26〜35歳の年齢層の男性も18〜25歳の年齢層の女性を狙うことが多いからです。つまり、人気が集中する分、倍率が高くなるのです。

あなたがどちらの年齢層の女性を狙うかは自由です。しかし、年齢層を上げれば倍率は低くなるという法則だけは覚えておいた方がいいと思います。

出会い系サイトを利用している人の目的

次にユーザーの利用目的について考えてみたいと思います。だいたいですが、僕が実際に出会い系サイト運営会社で7年間働いて、肌で感じたものですので、ほぼ正確だと思っています。(下図参照)

ユーザー傾向実態調査


この円グラフから分かることは、 男性が 【セフレ希望】 【即会い希望】 という短期的な関係を求める傾向があるのに対し、 女性は 【恋人希望】 【結婚希望】 という長期的な関係を求める傾向が強いという点です。 もちろん長期的な関係を求めている男性も、短期的な関係を求めている女性もいるのですが、 全体としては、そのような傾向があります。


しかし男女共に、秘密の関係を希望するユーザーは、相変わらず多いようです。 ようするに、誰にも知られずに会ってHをしたいというユーザーですね。 これは、出会い系サイトの特徴でもある、「まったく接点のない異性と出会うことができる」 というものを如実に反映しているような気がします。

とはいえ、運営者側からしてみれば、援助やサポート行為が発覚した時点で、退会処分にしなければなりません。 出会ってからの付き合いは当人同士の問題なので何も言えませんが、 サイト内であからさまにそれと分かるような書き込みなどは慎みましょう。 退会処分になったら、それだけ出会える確率が減ってしまいます。

検索
恋愛系 直アド系 セフレ系 人妻系 アダルト系